TOP > 製品に込めた想い > 「少しでも安全に」という想いから チタン用光沢化学研磨液『エスクリーンS-22』

佐々木化学薬品の開発者に聞く!-製品に込めた想い-

Vol.3 「少しでも安全に」という想いから チタン用光沢化学研磨液『エスクリーンS-22』
 

チタンのバリ除去・光沢付与 『エスクリーンS-22』開発秘話

生まれ変わったチタン用光沢化学研磨液

チタン用光沢化学研磨液『エスクリーンS-22』。

チタンのバリ除去・表面を光らせ平滑化する化学研磨液であり、過酸化水素水を含んでおらず低温で処理ができるのが特徴です。
今から約10年前、当製品は 『エスクリーンS-612』という名前の製品でした。

実は元々、当製品は過酸化水素水が含まれていた製品だったのです。

 
 

過酸化水素水を含まない薬品へ

過酸化水素水は毒物及び劇物取締法に該当する上、 処理の際にも液の安定が悪く、

排水処理の負荷や作業時のリスクが高いと言われています。

そこで、「少しでも安全に」という想いから過酸化水素水を含まないチタン用光沢化学研磨液の開発が着手され 今の『エスクリーンS-22』が誕生しました。

 
 
作業者や環境を考慮し、より良い薬品を創るという姿勢を常に持ち続け開発・試行錯誤をおこなっています。
 
製品情報を見る
 
開発秘話一覧へ戻る