TOP > 製品に込めた想い > 需要の高まりをキャッチ アルミニウム用化学研磨液『エスクリーンAL-5000』

佐々木化学薬品の開発者に聞く!-製品に込めた想い-

Vol.1 需要の高まりをキャッチ アルミニウム用化学研磨液『エスクリーンAL-5000』
 

アルミニウムのバリ除去・エッチング 『エスクリーンAL-5000』開発秘話

需要の高まりに応えて

アルミニウムは鉄や銅の約3分の1の軽さで加工しやすく、白銀色で外観良好、さらに強度がありリサイクルも可能といった特長から、年々需要が高まってきた素材です。
2000年以降は経済停滞による影響を受けながらも、ボトル型アルミ缶の開発や車体軽量化の切り札として自動車部材に使用されるなど、あらゆる用途に活用され成長を続けてきたことから、当時、当社にも

「アルミニウム部品の表面研磨ができる薬品はないか」

というお問い合わせが多く寄せられるようになりました。
そのようなお客様の声にお応えし2004年『アルミニウム用化学研磨液エスクリーンAL-5000』を開発いたしました。

 
 

より環境面に配慮して

『アルミニウム用化学研磨液エスクリーンAL-5000』はアルミニウムの切断・切削により発生するバリの除去や、光沢付与が可能な化学研磨液です。
物理的な研磨では困難な、複雑・微細な部品にも効果を発揮し、さらに毒物及び劇物取締法に非該当といった特長があり、性能面と環境面を両立していることから、開発後10年以上経った今もあらゆる業界のお客様にご採用いただいております。

 
アルミニウムにはたくさんの種類があり、業界や製品によって使われる種類も様々です。
当社現行品は1000番台・5000番台・6000番台の素材にご使用いただけますが、今後はこれら以外にも対応できる研磨液を開発することが課題です。
一朝一夕にできることではありませんが、その時代のニーズに応じて薬品の改良をおこなうことに努めて参ります。
 
製品情報を見る
 
開発秘話一覧へ戻る