• 金属表面処理事業
  • 機能性樹脂事業
  • 環境事業
  • CS事業

生命科学のハテナ

生命科学のハテナ

TOP > 化学のハテナ > 生命科学のハテナ

生命科学のハテナ

  

抗体とはどのような構造をしているのですか

抗体の基本的な構造は「Y」の形をしており、2本のH鎖と2本のL鎖からできています。

抗原と結合する可変領域と、免疫を担う細胞と結合する定常領域の2つに分けられます。

  

Fab領域とFc領域について

抗体をパパイヤの果肉に含まれているタンパク質分解酵素「パパイン」で消化すると、抗体は切断され、2つのFab領域と1つのFc領域に断片に分かれます。

「Y」の上半分の「V」の部分をFab領域、「Y」の下半分の縦棒部分にあたる場所をFc領域と呼びます。

Fabの「F」は「断片(Fragment)」、「ab」は「抗原に結合する(antigen binding)」を指し、Fcの「c」は「結晶化できる(crystalizable)」を意味します。

 

Fab領域とFc領域