TOP > お客様の声 > 株式会社喜多製作所様

お客様の声Voice

株式会社喜多製作所様

この度は「八尾バリテク研究会」の技術監修も務められている株式会社喜多製作所、中林義孝様にインタビューさせて頂きました。
当社との出会いは4年前。1本のお電話でした。
精密機械部品の酸化皮膜の課題を抱えておられ、当社HPから酸化皮膜除去剤にお問い合わせをくださったことがきっかけでした。以来、ご紹介させていただいた「鉄・銅および銅合金用中性サビ取り剤エスクリーンS-800」をご使用いただいております。
 
株式会社喜多製作所様
 
 
喜多製作所様のホームページ
『「昔のバリ取り技術は必要ない」
バリ取りも「付加価値」を付けることが課題になってきているようだ。』
1969年の創業以来、精密部品メーカーとして国内外で活躍してこられた喜多製作所様。時代の動きを的確に捉え、邁進(まいしん)しておられます。

教えて!喜多製作所様のこと

事業内容について教えてください 。
 
中林様:1969年、ミシン部品の切削加工として創業したのが始まりです。
70年代に入り、依頼をいただいたことがきっかけでコンタクトプローブの開発が始まりました。当時コンタクトプローブはアメリカのみで製造されており、とても高価でした。どうにか日本で製造ができないかと微細加工を得意としていた当社に依頼をいただけたようです。
 
 
特機事業部 事業部長 中林様
特機事業部 事業部長 中林様
 
今では当社事業の90%がコンタクトプローブの製造・販売となっています。
最初はプリント基板用の大きなコンタクトプローブでしたが、その後、需要が多い電子部品用・半導体用をメインに切り替え、今では小さいものだと外径0.1、長さ2mmというような細かなものが主流になりました。
 
当時の開発者・技術者はもう今は引退されていますが、技術やノウハウを伝承しながら開発を進めています。最近では半導体製造は海外、特にアジア圏が多く、6~7割は海外で使用されています。
 
社是について教えてください。
 

「いい会社を作りましょう。」
すべての社員のみなさんが、それぞれの立場で、

いい会社にしようと考え、行動することで、

いい会社になるのです。
会社にかかわるすべての人から「いい会社だ」と

いわれる会社にしましょう。

 
という社是を掲げています。
昨年までは一般的な改善活動を実施していたのですが、今では会社をあげての改善活動となっています。小集団で経営改善や現場改善をするのではなく、全社員がチームごとに取り組んでいます。誰かに言われて始めるのではなく、一人ひとりが考え、行動しています。
技術監修を務めておられる八尾バリテク研究会について教えてください。
 
八尾バリテク研究会ホームページ
 
八尾バリテク研究会HP
 
 
「バリのことなら八尾に聞け」をスローガンに大阪府八尾市を拠点に全国の約30社の企業・5つの団体が集まり、バリ抑制からバリ取りに至るまでのあらゆる課題を研究しています。22年度にHPの立ち上げを担当しました。そちらで各企業や技術紹介をしています。“まず立ち上げた”という段階なので、これからは充実させていく段階。今後も技術情報を増やしていき、HPを活性化させていきます。
 
八尾バリテク研究会で御社はどのような技術を紹介されているのですか?
 
当社は「超音波洗浄バリ取り機」を紹介させてもらっています。もともとは社内の製造技術用設備として開発した機械でした。コンタクトプローブ切削加工後のバリを手作業で取っていたのですが、細かな部品なのでキズをつけてダメにしてしまったり、作業ミスなどが発生します。その解決に超音波の理論を活用すれば出来るのではないか?と開発を開始。他企業からもご要望をいただき、販売に至りました。
最近は昔からある手法では対応出来ない案件も増えてきており、新たな手法を模索されている人が多いので、当社で出来ることを考え、提案しています。
 
今後の取り組みについて教えてください。
 
中国など海外技術の精度が高まってきている昨今ですが、微細や複雑なものは日本の技術なしには作れない。技術コピーでは対応できない一部の部品については海外からも買い付けに来られている。日本が生き残っていくにはそういった「高品質」「超精密」などの付加価値をつけることが課題になってきています。日々技術を磨き、HPや展示会(セミコン・ジャパン)などへの出展でPRしていきます。
編集者の一言
 
1本のお電話から酸化皮膜除去の課題解決がきっかけとなり、お付き合いさせていただいている株式会社喜多製作所様。当社営業社員は日頃お会いする機会が多いですが、私自身は初めてお会いする機会となりました。
会社のお話や業界のお話はもちろんのこと、中林様も八尾バリテク研究会のHP管理を担当されていらっしゃることもあり、HPの作成や運営に関しても意見交換をさせていただくことが出来ました。いただいたご意見を参考にHPの作成・運営に励んでいこうと思います。
この度はインタビューに応じて頂き、本当にありがとうございました。

  • 075-581-9141
  • skc500@sasaki-c.co.jp

カタログ DOWNLOAD

佐々木化学薬品株式会社の強み

佐々木化学のコンテンツ

写真:開発者

佐々木化学薬品の製品はこうして生まれた!

お客様の声

お客様の声

お客様をインタビュー形式でご紹介しています。

  • よくある質問
  • 採用情報
  • メディア掲載
佐々木化学薬品株式会社の強み
  • 化学のコトバ
  • 化学のハテナ
  • 法令のハテナ

海外試薬お取り寄せサイトあすLab,輸入試薬

当社運営サイト『あすLab』へリンクします。