TOP > 事業紹介 > 金属表面処理事業 > 酸化皮膜除去剤・溶接焼け除去剤

金属表面処理事業

酸化皮膜除去剤・溶接焼け除去剤

酸化皮膜除去とは?

金属表面が空気中の酸素と反応して生じる化合物の「サビ」や、金属表面の加工により生じる「スケール」「テンパーカラー」、その他「不動態膜」や「変色皮膜」「溶接焼け」などを総称して『酸化皮膜』と呼びます。

これら皮膜には腐食を防ぐなど機能性をもたせたものもありますが、一方で腐食を進行させたり、見た目を悪くさせるなど悪影響をおよぼす場合があります。

そのような場合に、皮膜を取り除く『酸化皮膜除去』という処理が有効です。

  酸化皮膜除去とは?

酸化皮膜を除去する利点

1.  

外観の向上

 仕上げ工程で処理すれば「見た目」という付加価値をつけることが可能です。

2.  

機能性の向上

 表面状態・組成の変化を防止、導電性の向上、めっき・塗装の不良を防止、密着性の向上、変色の防止 など

 *新たな皮膜発生を防止するには、コーティングなど別の処理が必要です。

3.  

メンテナンスでも活躍

 長期滞留品や処理する機械・器具の維持管理にも役立ちます。

 

 

酸化皮膜除去剤・溶接焼け除去剤ラインナップ

酸化皮膜や溶接焼けを除去する製品は、取り除くものの種類や膜厚、素地金属の材質や形状などにより、さまざまです。下記ラインナップは一部であり、該当する製品が見つからない場合はお問い合わせください。お客様のご希望に合わせた製品を提案いたします。

 

エスクリーンS-800,酸化皮膜除去,中性サビ取り,さび取り,錆取り,鉄,銅,銅合金
エスクリーンS-800

鉄・銅および銅合金用

サビ取り剤

 
 エスクリーンS-800FR,酸化皮膜除去,中性サビ取り,さび取り,錆取り,鉄,銅,銅合金
エスクリーンS-800FR

鉄・銅および銅合金用

サビ取り剤 (臭気改善タイプ)

 
エスクリーンS-101PN,無電解ニッケルめっき,シミ,酸化皮膜除去剤
エスクリーンS-101PN

無電解ニッケルめっき用

水シミ・乾燥シミ除去剤

 エスピュアSJ-400,液体,溶接焼け除去,硝フッ酸不使用
エスピュアSJ-400

ステンレス鋼用

溶接焼け除去剤 (液体タイプ)

 
 エスピュアSJジェル,SJジェルシリーズ,溶接焼け,焼け除去,ステンレス鋼
エスピュアSJジェル

ステンレス鋼用

溶接焼け除去剤 (ジェルタイプ)

 
エスクリーンSK-507,酸化皮膜除去,鉛フリーはんだ
エスクリーンSK-507

鉛フリーはんだ用

酸化皮膜除去剤

エスクリーンW-2550,脱脂,脱錆剤,鉄鋼
エスクリーンW-2550

鉄鋼用

脱脂および脱サビ剤(酸性)

 
エスクリーンS-105,酸化皮膜除去,インコネル,耐熱性合金
エスクリーンS-105

インコネル(耐熱性合金)用

酸化皮膜除去剤

 
エスクリーンS-109,酸化皮膜除去,チタン,チタン合金
エスクリーンS-109

チタン・チタン合金用

酸化皮膜除去剤

エスクリーンAG-301,変色皮膜除去,銀
エスクリーンAG-301

銀めっき用

変色皮膜除去剤

 
エスクリーンS-1000,スケール除去,梨地,ステンレス鋼
エスクリーンS-1000

ステンレス鋼用

スケール除去および梨地処理剤

   
お問い合わせ