• 金属表面処理事業
  • 機能性樹脂事業
  • 環境事業
  • CS事業

コバール用化学研磨液

コバール用化学研磨液

TOP > 事業紹介 > 金属表面処理事業 > 化学研磨液・エッチング液・電解研磨液 > コバール用化学研磨液

化学研磨液・エッチング液・電解研磨液

カタログダウンロードはこちらPDF

コバール用化学研磨液 エスクリーンS-505

反応穏やか!やさしくコバールを磨く エスクリーンS-505

幅広い温度調整でやさしくコバールを研磨できるコバール用化学研磨液エスクリーンS-505をご紹介します。 コバールは熱膨張率が低く、ガラスとの相性が良いため、電子部品などの精密機器に多く使われています。そのようなコバールの前処理にお困りではありませんか?ぜひ一度お試しください。

コバール材をエスクリーンS-505に10分浸漬して化学研磨処理(比較写真)

*処理前の素材表面を拡大すると、金属加工の際にできたと考えられる縦すじが見られますが、処理後にはその縦すじが化学研磨によってなくなり、きめ細やかな表面になったことが分かります。

処理前

コバール材の化学研磨処理前

処理後

コバール材の化学研磨処理後

処理前(50倍)

コバール材の化学研磨処理前(50倍)

処理後(50倍)

コバール材の化学研磨処理後(50倍)

コバール鋼用化学研磨液
エスクリーンS-505 の特徴

穏やかな反応で表面を研磨します

コバールとの反応が穏やかなため、多大なガスの発生もなく、比較的安全に処理していただけます。確実に研磨を行いますので、滑らかな金属表面を実現します。

*化学反応により、処理液は無色透明から薄黄色に変化します。
*エスクリーンS-505は医薬用外劇物に該当しますので、注意して処理を行ってください。

穏やかな反応でコバール表面を研磨します



幅広い温度調整が可能です

常温~70℃まで幅広く温度調整ができるため、状況に応じて研磨量(エッチング量)を調整することが可能です。

用途

コバールの前処理に使用されます。主に、電子部品・光通信関連部品・半導体部品などがあげられます。また、酸化皮膜除去剤としても一部ご使用いただいております。

エスクリーンS-505で化学研磨した際のコバール表面のエッチング量

コバール用化学研磨液 エスクリーンS-505 研磨量データ
コバール用化学研磨液 エスクリーンS-505 研磨量データ
処理条件
液量:150ml
温度:60℃
表面積:25cm²

*こちらは実測値であり、規定値ではありません。

エスクリーンS-505 (コバール用化学研磨液)

性状 酸性液体(硫酸10~15%含有)
該当法令・規制 医薬用外劇物
使用方法

【工程例】脱脂→化学研磨→乾燥
濃度:原液使用
温度:常温~70℃
時間:5~10分(建浴初回のみ、液の安定のため10~15分)

設備・機械 耐熱塩化ビニルまたはFRP製などの処理槽を使用
局所排気装置の設置用
廃液処理 「特別管理産業廃棄物(廃酸)」に指定
廃液:都道府県知事の許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託
水洗水:金属除去→pH調整→BOD・CODを考慮して放流
スラッジ:産業廃棄物として処理
注意事項 ・使用時は、必ず保護眼鏡・保護手袋・防毒マスクなどの適切な保護具を着用
・保管時は、必ず密栓をして直射日光を避け、換気のよい冷暗所に保管

 詳しくはカタログ をご覧ください。

お問い合わせ