• 金属表面処理事業
  • 機能性樹脂事業
  • 環境事業
  • CS事業

鉄鋼用光沢化学研磨液

鉄鋼用光沢化学研磨液

TOP > 事業紹介 > 金属表面処理事業 > 化学研磨液・エッチング液・電解研磨液 > 鉄鋼用光沢化学研磨液

化学研磨液・エッチング液・電解研磨液

カタログダウンロードはこちらPDF

鉄鋼用光沢化学研磨液 エスクリーンK-904N

鉄鋼のバリ取り・光沢研磨に エスクリーンK-904N

エスクリーンK-904Nは浸漬タイプの鉄鋼用光沢化学研磨液です。浸漬することで鉄鋼表面を磨き、バリを取り、優れた平滑面や光沢を得ることができます。また浸漬タイプのため、凹部がある小物や複雑な形状の製品など、物理研磨では困難とされているものも容易に研磨することができます。

圧延鋼板(SPC)に化学研磨処理(比較写真)

処理前

圧延鋼板(SPC)に化学研磨処理を施す前

処理後

圧延鋼板(SPC)に化学研磨処理を施す後

*圧延鋼板(SPC)30mm×50mmをエスクリーンK-904N(25℃、2分)に浸漬して光沢研磨処理

鉄鋼用光沢化学研磨液
エスクリーンK-904N の特徴

電力必要なし!浸漬のみで処理可能

電解研磨のように電力を必要としないため、管理が容易で作業にともなう危険性も減少します。また化学研磨液であるエスクリーンK-904Nは電解研磨や機械研磨、物理研磨に用いる大がかりな設備なども必要ないため、複雑な形状の製品でも均一に、しかも簡単に研磨することができます。当製品は浸漬するだけで鉄鋼表面を磨き、バリを取りますので、変形・歪みなどの損傷なく、平滑面や光沢面に仕上げます。さらに、水素が発生しない製品なので水素脆性の心配もありません。

補充液を使用すると継続して研磨できる

当製品の最大のメリットは補充液を使用することで研磨力を維持できる点です。従来、化学研磨液はある程度の処理を繰り返すと研磨力が低下し、薬液を取りかえなければいけません。そのため生産ラインに組み込まれている場合、一時的にラインを止めなければならない状態になります。しかし、そんなお悩みを解決する製品がこちらのエスクリーンK-904Nです。補充液として開発したエスクリーンK-905Nを補充することで研磨力が維持され、生産効率アップの手助けをします。また連続処理ができるため、フープ品の研磨処理に使用することも可能です。

安定した化学研磨処理

鉄鋼用化学研磨液 エスクリーンK-904N 溶解量データ
鉄鋼用化学研磨液 エスクリーンK-904N 溶解量データ
処理条件
液量
K-904N:70ml
水:280ml
35%過酸化水素水:70ml
温度:25℃
素材:圧延鋼板(SPC)50cm²

*こちらは実測値であり、規定値ではありません。

エスクリーンK-904N (鉄鋼用光沢化学研磨液)

性状 微白濁の酸性液体
該当法令・規制 医薬用外劇物
化学物質管理促進法(PRTR法)
使用方法 【工程例】脱脂→脱スケール→化学研磨
温度:20~30℃
時間:1~2分
建浴:K-904N(1容)・35%過酸化水素水(1容)・水(4容)
設備・機械 耐熱塩化ビニルまたはポリエチレン製などの処理槽を使用
冷却装置・局所排気装置の設置
廃液処理 「特別管理産業廃棄物(廃酸)」に指定
廃液:都道府県知事の許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託
水洗水:金属除去→pH調整→BOD・CODを考慮して放流
スラッジ:産業廃棄物として処理
注意事項 ・過酸化水素水添加後(建浴液・廃液)は密閉容器に入れない
・建浴液の保存は不可
・使用時は、必ず保護眼鏡・保護手袋・防毒マスクなどの適切な保護具を着用
・保管時は、必ず密栓をして直射日光を避け、換気のよい冷暗所に保管

 詳しくはカタログ をご覧ください。

お問い合わせ