• 金属表面処理事業
  • 機能性樹脂事業
  • 環境事業
  • CS事業

ハイス鋼上のTiN系IP膜除膜剤

ハイス鋼上のTiN系IP膜剥離剤

TOP > 事業紹介 > 金属表面処理事業 > 剥離剤 > ハイス鋼上のTiN系IP膜除膜剤

剥離剤

カタログダウンロードはこちらPDF

ハイス鋼上のTiN系IP膜除膜剤 エスツールTH-100

ハイス鋼上のTiN系IP膜除膜剤 エスツールTH-100

ハイス鋼などのTi系イオンプレーティング(IP)膜除膜剤、エスツールTH-100のご紹介です。イオンプレーティング(IP)膜とは、金型類、複写機部品、冶工具、自動車用部品などに施されているコーティングです。エスツールTH-100は、それらを再コーティングする際の残留コーティング膜の除膜・除去に最適です。
フッ素化合物を含有しておらず、常温で浸漬することでイオンプレーティング(IP)膜を除膜することが可能です。

ハイス鋼上のTiN硬質皮膜を除膜処理(比較写真)

処理前

イオンプレーティング(IP)膜、剥離剤,エスツールTH-100

処理後

イオンプレーティング(IP)膜、剥離剤,エスツールTH-100

コストダウンに貢献する除膜剤
エスツールTH-100

早い除膜速度

一般的な製品に比べると、除膜速度の短縮が可能です(当社調べ)。TiN膜を1時間当たり0.3~0.5μm除膜します。
*こちらは参考値であり、素材や膜の種類によって数値は変動します。

コストの抑制

一般的な製品に比べると、低コストでご使用いただけます(当社調べ)。また除膜速度がはやいため、作業の効率化につながります。

エスツールTH-100 の特徴

素地に合わせた薬液の配合が可能

素地がステンレス、シリコンウエハーの場合
TH-100A 500ml/L
TH-100B 100ml/L
400ml/L
素地が鉄、鉄合金の場合
TH-100A 500ml/L
TH-100B 100ml/L
TH-100C 400ml/L

除膜出来るコーティングの種類も豊富

窒化チタン(TiN)、窒化チタンアルミ(TiAlN)、炭化チタン(TiC)、窒化炭化チタン(TiCN)に対応しています。

安全な処理を実現

低温処理(25~40℃)、フッ素化合物無配合、浸漬処理もしくは超音波処理が可能です。

用途

イオンプレーティングは、各種金型類、複写機部品、冶工具、自動車部品などに施されています。エスツールTH-100は、それらを再コーティングする際の残留コーティング膜の除膜・除去にご使用いただけます。
切削工具などが磨耗した場合は研磨を行い再使用しますが、研磨前に表面に残留しているコーティングを除膜する必要があります。代表例としましては、窒化チタン(TiN)、窒化チタンアルミ(TiAlN)、炭化チタン(TiC)、窒化炭化チタン(TiCN)などからなるイオンプレーティング(IP)膜がコーティングされています。エスツールTH-100はこれらの除膜にご使用いただけ、除膜後は再びイオンプレーティング(IP)膜を施すことで、切削工具として再使用が可能となります。

エスツールTH-100 (ハイス鋼上のTiN系IP膜除膜剤)

性状

A剤:淡黄色透明のアルカリ性液体
B剤:淡黄色透明の弱酸性液体
C剤:淡黄色透明の弱アルカリ性液体

該当法令・規制

医薬用外劇物(B剤のみ)

使用方法

適用膜種:TiN、TiCN、TiAlN、TiC
適用素地:Fe、SUS、Fe合金(HSS、SKC、SKD)、シリコンウエハー
*超音波併用も可能

設備・機械

樹脂製などの処理槽を使用
局所排気装置の設置

廃液処理

廃液:都道府県知事の許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託
水洗水:希釈→還元剤(亜硫酸ナトリウムなど)・過酸化水素分解酵素で分解→中和・濾過→BOD・CODを考慮して放流
スラッジ:産業廃棄物として処理

注意事項

・建浴液は保存できません
・建浴液を密閉容器に入れないでください
・使用時は、必ず保護眼鏡・保護手袋などの適切な保護具を着用
・保管時は、必ず密栓をして直射日光を避け、換気のよい冷暗所に保管

 詳しくはカタログをご覧ください。

お問い合わせ