• 金属表面処理事業
  • 機能性樹脂事業
  • 環境事業
  • CS事業

銅・銅合金上のノンシアン銀めっき剥離剤

銅・銅合金上のノンシアン銀めっき剥離剤

TOP > 事業紹介 > 金属表面処理事業 > 剥離剤 > 銅・銅合金上のノンシアン銀めっき剥離剤

剥離剤

カタログダウンロードはこちらPDF

銅・銅合金上のノンシアン銀めっき剥離剤 エスバックAG-601

銀めっきの剥離、銀のエッチングに エスバックAG-601

エスバックAG-601は、銅・銅合金上の銀めっきを剥離するだけでなく、銀のエッチング処理もできます。また人体に有毒なシアン化合物を含まないノンシアンタイプの製品です。

銅・銅合金上のノンシアン銀めっき剥離材 エスバックAG-601

銅素地に施された銀めっきの剥離処理(比較写真)

処理前

銅素地に施された銀めっきの剥離処理前

処理後

銅素地に施された銀めっきの剥離処理後

銅合金上のノンシアン銀めっき剥離剤
エスバックAG-601 の特徴

素地を侵しにくい

エスバックAG-601は従来、剥離によく使用される硝酸よりも反応が穏やかなため、銅や銅合金などの素地をほとんど侵すことなく、銀めっきを剥離することができます。

ノンシアン・法規制なし

人体に有毒なシアン化合物を含まないノンシアンタイプの剥離剤です。また毒物及び劇物取締法やPRTR対象物質に該当しません。
*酸性液体のため取り扱いには注意が必要です。

 

剥離速度は1分間あたり1.3~1.5μm

液温20~30℃で処理した場合、剥離速度は1分間あたり1.3~1.5μm、剥離量は1Lあたり約15gです。

銅・銅合金上のノンシアン銀めっき剥離剤エスバックAG-601 剥離膜厚データ
銅・銅合金上のノンシアン銀めっき剥離剤エスバックAG-601 剥離膜厚データ
処理条件
温度:20℃

こちらは実測値であり、規定値ではありません。

エスバックAG-601 (銅・銅合金上のノンシアン銀めっき剥離剤)

性状 酸性液体
使用方法

【工程例】脱脂→水洗→変色皮膜除去→水洗→銀めっき剥離(エスバックAG-601)→水洗→乾燥

温度:20~30℃

時間:任意(膜厚によって調整)

設備・機械

樹脂製などの処理槽を使用

排気装置の設置

廃液処理 廃液:都道府県知事の許可を受けた産業廃棄物処理業者に委託
もしくは、銀を沈殿・濾別→残留している過酸化水素水を加熱・分解→濾液に10%水酸化ナトリウム溶液を加えて中和
スラッジ:産業廃棄物として処理
注意事項 ・過酸化水素水を添加後の建浴液・使用液は保存できません
・使用時は、必ず保護眼鏡・保護手袋などの適切な保護具を着用
・保管時は、必ず密栓をして直射日光を避け、換気のよい冷暗所に保管

 詳しくはカタログ をご覧ください。

お問い合わせ