TOP > 事業紹介 > 機能性樹脂事業 > ドライキープよくあるご質問

機能性樹脂事業

ドライキープ(低湿度維持型乾燥剤)

  • 1.ドライキープのサンプルについて教えてください
  • 1. サンプルをご用意しております。
    出荷量につきましてはお客様の用途や使用方法、使用環境などを伺い、考慮させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。
  • 2.乾燥剤と何が違いますか
  • 2. 樹脂ペレット自体に吸湿機能を持たせたものなので、成型加工が可能です。
    成形した製品自体が乾燥機能を発揮します。
    包装工程の簡略化、乾燥剤を入れる事が難しい環境での使用に適しています。
  • 3.S-KID(エスキッド)とは何ですか
  • 3. S-KIDとは、熱可塑性樹脂(低密度ポリエチレンなど)に吸湿剤を練りこんだペレット状プラスチック製品の当社製品名です。
    ほとんどの熱可塑性樹脂の加工方法に対応しております。
    このS-KIDから作られた成型物全般のことをドライキープと呼んでいます。
    ドライキープの種類は、フィルムタイプ、シートタイプ、シールタイプ、ボトルタイプなどがあります。
    熱可塑性樹脂とは、加熱するとプラスチックが軟化し、冷やすと固まる性質のある樹脂のことです。
    加工性は良いですが、熱にかけると軟化するため耐熱性は良くありません。
    種類:ポリエチレン、ポリプロピレン、塩化ビニル、飽和ポリエステルなど
  • 4.S-KID(エスキッド)を使う事でどんな事ができるのですか
  • 4.
    過去の採用実績は、医薬品のボトルやアルミパウチ、 精密部品への組み込みがあります。
    ・湿気の再放出をしない
    ・湿度を一定域まで降下させる
    ・ペレット状なので様々な加工が可能
    といった特徴を持っております。
    新たな機能も日々研究、開発しております。ご相談下さい。
     
    加工方法例は
    ・インフレーション成形(多層)
    ・Tダイ押出
    ・ブロー成形
    ・射出成形
    ・押出成形
    ・真空成形
    ・発泡成形
    での成形が可能です。
  • 5.ドライキープとS-KID(エスキッド)の吸湿原理について教えてください
  • 5. ドライキープは化学的に湿度をコントロールします。
    湿気を吸着して一定域の湿度状態まで降下します。
    また湿気の再放出も起こりません。
  • 6.ドライキープの構造について教えてください
  • 6.
    ペレット状のS-KIDは、プラスチック状の乾燥剤のためさまざまな形状に加工でき、ドライキープとなります。その中で代表的なドライキープ製品の構造は以下の通りです。
    ◆フィルム
    三層以上の多層構造です。中間に吸湿層があり、その両側に無添加の樹脂を貼り合わせています。
    多層構造にしているのは以下の理由があります。
    1.摩耗のために吸湿剤の脱落がないように、最内層には吸湿層を使用していません。
    2.外層は、コロナ放電処理や防湿のための層を設けています。
    ◆シート
    ドライキープ単層です。こちらは射出成型で生産しています。
    ◆ボトル
    ブロー成型で多層構造です。ボトルなどは、外層にガスバリア層を設けているため、層が多くなります。
    内層:保護層 LDPEなど
    中間層:ドライキープ層
    外層:バリア層 PP、HDPEなど
  • 7.押し入れや床下、壁の内側の湿気取りに使えますか
  • 7. ドライキープは、密閉空間内での使用をおすすめしております。
    押し入れや床下、壁は空間内が広く密封できないため、ドライキープでは十分な吸湿量が得られない恐れがあります。
  • 8.ドライキープは一度吸った水分を再放出しますか
  • 8. 基本的に常温においては、再放出しません。
    ただし、樹脂が溶解するような温度(低密度ポリエチレンの場合、120℃)になると、ドライキープ内部に取り込まれていた水分が出てきます。
  • 9.食品包装としてドライキープフィルムは使用できますか
  • 9.  

    はい、使用できます。

    ドライキープフィルムは下図で示す通り3層インフレーションフィルムで成膜されており、吸湿剤を含む層は、中間層に位置しています。直接食品と接触する内層は一般の包装用フィルムで用いられる樹脂を使用していますので、安心してご使用いただけます。

    ※その他の成型品(ボトル・シート)に関しましては別途お問い合わせをください。

         
        ドライキープフィルム構造図
         
        また、ドライキープフィルムは以下の安全証明に適合しています。
       

    ・食品衛生法

    食品添加物等の規格基準(厚生省告示第370号)

    PE及びPPを主成分とする合成樹脂製の器具または容器包装(厚生省告示第20号)

         
       

    ・ポリオレフィン等衛生協議会

    ポリオレフィン等合成樹脂製食品容器包装に関する自主基準

    ポリオレフィン等合成樹脂製食品容器包装に関するポジティブリスト

  • 10.小売販売はしてますか
  • 10.
お問い合わせ

  • 075-581-9141
  • skc500@sasaki-c.co.jp

カタログ DOWNLOAD

佐々木化学薬品株式会社の強み

佐々木化学のコンテンツ

写真:開発者

佐々木化学薬品の製品はこうして生まれた!

お客様の声

お客様の声

お客様をインタビュー形式でご紹介しています。

  • よくある質問
  • 採用情報
  • メディア掲載
佐々木化学薬品株式会社の強み
  • 化学のコトバ
  • 化学のハテナ
  • 法令のハテナ

海外試薬お取り寄せサイトあすLab,輸入試薬

当社運営サイト『あすLab』へリンクします。